スポンサード リンク

銀座ミキモトのクリスマスツリー

銀座・ミキモト本店前で11月10日夕方、毎年恒例の「ジャンボクリスマスツリー」の点灯式が行われました。
人気blogランキングで他の情報を探す


今年(2007年)のテーマは「A Merry Planet 美しい星へ」で、「さまざまな生命を育むこの星が豊かで美しくあるように」との思いが込められているそうです。ツリーの下には真珠から生まれた天使のカップル、真珠をイメージしたガラスのオブジェ、貝殻に入った天使も飾られ彩りを添えています。やはり、ミキモトといえば、真珠は欠かせませんね。

ミキモトのクリスマスツリーに使われたモミの木は、群馬県から根付きのまま大型トレーラーで運ばれたもので、高さ約10 メートル、樹齢約40年〜50年のものです。

点灯式前にはゴスペルのコンサート行われ、付近はクリスマスムード一色になりました。その後の点灯式ではイギリスと日本の子どもたちが登場し司会者の合図で点灯ボタンを押すと、見守っていた観客らは一斉にシャッターを切っていたそうです。

銀座、ミキモトのクリスマスツリーのイルミネーションは、1976年以来毎年行われており、今年でちょうど30回目だそうです。銀座のクリスマスイルミネーションといえば、やはりミキモトですよね♪

クリスマスツリーに使われているモミの木は、イルミネーション開催期間後、一般公募の上抽選で東京近郊の公共施設へ寄贈されるそうです。ミキモトのクリスマスツリーのイルミネーション点灯時間は10時〜22時。12月25日まで点灯されます。

人気blogランキングで他の情報を探す
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。